本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!!

商品代金11,000円(税込)以上のお買い上げで送料割引!
16,500円(税込)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<白>K20FY_SR 共栄堂

トップページ  > ワイン  > <白>K20FY_SR 共栄堂

<白>K20FY_SR 共栄堂

K20(2020年)は、「書」。

平成28年夏に元四恩醸造の醸造・販売責任者つよぽんこと、小林剛士さんが心機一転、山梨市牧丘の三養醸造の設備を使い醸造。
平成28年秋から独自のワイン造りに挑戦!
共栄堂のワイン事業部(共栄堂さんは北杜市にあるつよぽんのご実家の屋号)のワインです。
2016年が独立して最初のヴィンテージとなります。

ワインの名称は、Kが共栄堂または小林剛士、数字が醸造年を表して、FY(冬)・HR(春)・NT(夏)・AK(秋)、 そしてワインの色がSR(白)・AK(赤)・DD(橙)・RZ(ロゼ)、00(プロトタイプ)となっております。



【2020VINについて】
K20(2020年)は、「書」です。3部作になります。
「K20FY」でも感じていただけたと思うのですが、「書」の可能性が広がると思います。
当然ですが、「書」と「習字」は違います。

「Passo a passo」
パッソ・ア・パッソはイタリア語で「一歩一歩」という意味です。
海辺の風景を逆光で撮影と思われる一枚の写真を目にした時に衝撃を受け、瞬間的に「これだ!」と作成しました。
上部の「一」字の書線と、下部の「一」字の間に、この言葉を書きました。
上部の「一」字は淡墨といって濃く磨った松煙墨を100倍くらいに希釈した墨を使用しています。
この書線は、墨の微粒子の大きさの差異により陰影を出すように運筆し、透明感のあるニジミにより遠近感を狙いました。
下部の「一」字は濃墨をたっぷりと紙に深く落とし込む感覚で書き、質感を出しました。
しかし、本作の最も大切なポイントは上下「一」字の間の白です。


※小林剛士さんのコメント(K20FY_SR)
薄濁りのグリーンイエロー。
こもったバニラやバター香。レモンを若干感じます。あと、杉・ナッツとキノコ系です。
口中では固く、舌で温度がかかるとミルクやメロンなどのやや重い果実を感じます。
バブリングすると素焼きアーモンドや舞茸等を感じます。
支配的なのは小ぶりのハウスみかんといった印象です。
余韻も皮の剥きづらい小さいミカンですね。
「K20FY_DD」に比べ重い印象です。
流れは同じで万能なのですが、この印象だと銀だらとか豚肉にもバルサミコソースとかかけたいですね。
野菜系よりも肉・魚をちょっと濃密にしたものが合う気がします。
細めのグラスのほうがよりワインを強調できると感じます。
ただ、まだまだ固いので、寝かすほうがよさそうな感じです。
より香りと厚みの調和がとれると感じます。正直半年はかかりそうな雰囲気です。申し訳ございません。
8月後半のデラウエアやそのほかと9月上旬の甲州種が混ざっています。
2.5ヶ月の樽発酵+樽熟成にて、現在に至ります。

※お一人様1本までとさせていただきます。

※こちらの商品はポイント発行対象外となります。

※こちらの商品は送料割引の対象外となります。

(750ml) 1,650円[税込]

2020年 在庫:
数量:
2019年 在庫:
2018年 在庫:
2016年 在庫:
その他の画像 その他の画像 その他の画像 その他の画像
生産者 小林剛士
産地 山梨県
タイプ ライトボディ
アルコール度数 10.5%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ